◆お知らせ◆

・2010年10月末に記事の大部分を非公開にしましたが、2015年1月より再度公開する事にしました。是非、あなたの生命保険選びや見直しにお役立て下さい。(なお、当サイトの記事は2009年に書いたものですが、今後、随時加筆、修正していきます。)
・当管理者は保険代理店や金融機関に所属する企業系FPではありません。
相談に訪れる顧客から直接報酬をもらった上で、あくまで顧客の立場で仕事をする独立系FPですが、現在、保険相談は承っていません。(なお、保険相談を承るのは2017年の開始を予定しております。)
・また、2015年5月21日にサイト名を「生命保険選び方で劇的に得する方法!!」から「60歳以後も困らない生命保険商品選び方」に変更しました。


2010年01月04日

生命保険商品で絶対選びたい商品!!D終身医療保険と積立利率変動型終身保険、収入保障保険の加入例

生命保険生命保険商品で絶対選びたい商品!!」で前頁までに挙げた、@終身医療保険、A積立利率変動型終身保険(又はB変額保険(終身型))、C収入保障保険(又は逓減定期保険)の3つを組み合わせると以下の図1のようになります。(図1をクリックすると拡大表示されます。)

終身医療保険、積立利率変動型終身保険、収入保障保険の加入例

上記の図1の毎月の保険料を合計すると、

4,200円+7,200円+7,200円=18,600円

となり、結構高いと思われるかもしれませんが、(皆さんが望むような生命保険の商品は、毎月支払う保険料も当然高いのです。「安価な保険料で手厚い保障が一生涯続くような生命保険の商品」は絶対有り得ません!!!!! 死亡保険金額300万円の終身保険の毎月の保険料が、35歳の年齢で7,200円する事からもお分かり頂けると思います。)積立利率変動型終身保険収入保障保険の毎月の保険料の支払いは60歳までなので、60歳以降は4,200円だけ保険料を毎月支払い続ければ、終身医療保険積立利率変動型終身保険(死亡保険金額300万円)の保障を残す事が出来ます。

また、60歳までに死亡保険に支払う保険料の総額は

(7,200円+7,200円)×12ヶ月×25年=4,320,000円

ですが、積立利率変動型終身保険をその時解約せず、60歳以降も保障として残し続けた場合は、死亡保険金が全く増加していなくても後で保険会社から最低でも死亡保険金として300万円取り返す事が出来るので実質の負担額は

432万円−300万円=132万円

となります。1ヶ月当たりにすると4,400円です。この例は少々解りづらいかもしれませんが、一生涯に支払う死亡保険保険料の負担を、積立利率変動型終身保険が軽減してくれているという事です。

積立利率変動型終身保険を60歳以降に解約して老後の生活資金にしようとした場合でも、既に払込んだ金額以上のお金が戻ってくる上に、医療の保障は死亡保障とは別々に加入している為、保障が切れることはありません。月々4,200円だけ払い続ければ医療の保障は死ぬまで継続する事が出来ます。保障が下がる事もありません。



上記の図1の例は、あくまでも参考ですのでこの例の通りに加入する必要はありません。
例えば、独身で未婚であれば遺族生活資金(遺された家族が生活する為の生活資金)は不要であるケースがほとんどだと思いますので、その場合、終身医療保険積立利率変動型終身保険だけに加入して、収入保障保険は加入しなくてもよいと思います。
また、終身医療保険保険料を60歳以降も支払い続けるのが「しゃく」であれば60歳払済のプランを選べばよい事です。
或いは、老後の生活資金として積立利率変動型終身保険を活用するのであれば、死亡保険金額は300万円よりも多く欲しいケースがほとんどだと思われますので、その場合も死亡保険金額を引き上げて頂いても構いません。(但し、この場合は毎月支払う保険料が相当上がります。)


人によってライフプラン、人生設計は異なりますし、それによって必要な生命保険の商品やその保障額も変わりますので、ここからはみなさん各々で検討して見てください。



スポンサードリンク