◆お知らせ◆

・2010年10月末に記事の大部分を非公開にしましたが、2015年1月より再度公開する事にしました。是非、あなたの生命保険選びや見直しにお役立て下さい。(なお、当サイトの記事は2009年に書いたものですが、今後、随時加筆、修正していきます。)
・当管理者は保険代理店や金融機関に所属する企業系FPではありません。
相談に訪れる顧客から直接報酬をもらった上で、あくまで顧客の立場で仕事をする独立系FPですが、現在、保険相談は承っていません。(なお、保険相談を承るのは2017年の開始を予定しております。)
・また、2015年5月21日にサイト名を「生命保険選び方で劇的に得する方法!!」から「60歳以後も困らない生命保険商品選び方」に変更しました。


2010年01月04日

生命保険の商品選びについて考える前に

生命保険商品選びについて考える前に

生命保険商品選びについて考える前に、ここで読者の皆さんに1つ質問したいと思います。
あなたは今、家電量販店にて電気ポットを購入しようとしています。Aが13,000円、Bが8,000円です。
さて、あなたならどちらを購入しますか?

ここで、何も考えず直ぐに「BがAより5,000円安いからBにしよう!」と思った方は要注意です!!!!!
というのも、値段の高い電気ポットは外気を通しにくい断熱構造になっていて、電気代が安く抑えられるからです。
仮にAの消費電力が12W、Bの消費電力が36W(3Lの物で90℃で保温した場合このくらい消費します。)として、1ヶ月の電気代がAが300円、Bが900円として、5年間利用した場合、

A=13,000円(ポット代)+300円(電気代/月)×12(ヶ月)×5(年)=31,000円
B=8,000円(ポット代)+900円(電気代/月)×12(ヶ月)×5(年)=62,000円

これをご覧になっていかがでしょうか?
実は、AがBより31,000円も安く済みます。

当然、これより利用期間が長ければ、その差はさらに広がり、利用期間10年だとAは49,000円、Bは116,000円ですから、差額は67,000円にもなります。



・目先の金額だけで判断しない事!

普段、私たちが買い物をする際は目先の金額の安さで購入する事が多いと思います。
しかし、この電気ポットの例のように、利用期間が長い商品については必ずしもその選択が正しいとは限りません。この電気ポットの例では、最初のBの5,000円の安さは、5年後には31,000円の負担、10年後には67,000円の負担に繋がっています。

AとBのどちらを選ぶか人それぞれだとは思いますが、5年後に31,000円、10年後に67,000円の負担をするぐらいであれば、私は最初からAの電気ポットを選ぶべきだと思います。
確かにAはBより最初5,000円多く支払いますが、5年後、10年後の負担を考慮した場合、この5,000円を最初に支払う価値は十分あると私は思います。

生命保険商品選びもこれと同じで、生命保険商品自体が非常に契約期間の長い商品なので、目先の毎月の保険料だけでは決められません。
次項から、様々な生命保険商品について取り上げていきますが、これを参考に、このサイトを訪れた読者の方々には、より良い生命保険商品選ぶ事をお勧めします。
posted by ROLEX.11 at 06:45| 前書き、はじめに

スポンサードリンク