◆お知らせ◆

・2010年10月末に記事の大部分を非公開にしましたが、2015年1月より再度公開する事にしました。是非、あなたの生命保険選びや見直しにお役立て下さい。(なお、当サイトの記事は2009年に書いたものですが、今後、随時加筆、修正していきます。)
・当管理者は保険代理店や金融機関に所属する企業系FPではありません。
相談に訪れる顧客から直接報酬をもらった上で、あくまで顧客の立場で仕事をする独立系FPですが、現在、保険相談は承っていません。(なお、保険相談を承るのは2017年の開始を予定しております。)
・また、2015年5月21日にサイト名を「生命保険選び方で劇的に得する方法!!」から「60歳以後も困らない生命保険商品選び方」に変更しました。


2010年01月04日

生命保険用語集(た行)


定期保険

保障される期間が5年、10年等、あらかじめ決められている生命保険の商品の事です。その期間内であれば保障されるが、その期間を過ぎると全く保障されない。定期とは保険期間(保障期間)が限定されるという意味。


転換

現在加入している生命保険を下取りして,新しい生命保険の商品に変える事です。
具体的には、既に加入している生命保険を一旦解約し、その責任準備金と積立配当金を一時払い保険料として新しい生命保険保険料の一部に充当し、加入し直します。

同じ保険会社でなければ原則として利用する事ができませんし、転換の際は改めて告知や医師の診断が必要となります。
また、責任準備金と積立配当金の合計額を転換価格といいます。

但し、1980年代後半〜1990年代前半等、日本の政策金利がかなり高かった時期に加入した終身保険養老保険年金保険を、今の日本のような政策金利がかなり低い時期に転換すると利回りが低くなってしまうで、その点は注意が必要です。


特約

特約とは、主契約(本体)に付加する契約(おまけ)の事です。
主契約に付加して契約する事により、主契約の保障内容を充実させる事ができます。なお、特約のみでは契約できません。
また、主契約が満期や解約などによって消滅すると、特約も消滅してしまうので、その点は注意が必要です。




posted by ROLEX.11 at 02:45| 生命保険用語集

スポンサードリンク