◆お知らせ◆

・2010年10月末に記事の大部分を非公開にしましたが、2015年1月より再度公開する事にしました。是非、あなたの生命保険選びや見直しにお役立て下さい。(なお、当サイトの記事は2009年に書いたものですが、今後、随時加筆、修正していきます。)
・当管理者は保険代理店や金融機関に所属する企業系FPではありません。
相談に訪れる顧客から直接報酬をもらった上で、あくまで顧客の立場で仕事をする独立系FPですが、現在、保険相談は承っていません。(なお、保険相談を承るのは2017年の開始を予定しております。)
・また、2015年5月21日にサイト名を「生命保険選び方で劇的に得する方法!!」から「60歳以後も困らない生命保険商品選び方」に変更しました。


2010年01月04日

生命保険用語集(さ行)


終身保険

終身保険とは、死亡保険の中でも、保障期間が一生涯続く保険の事を言います。
これに対し、ある一定の期間のみを保障する掛け捨ての死亡保険の事を定期保険と言う。
終身保険は、自ら解約しない限り保険金を必ず受け取る事ができる為、一定期間のみを保障する定期保険と比べると毎月の保険料は高い。
また、解約した時に保険会社からお金が戻ってきたりするのも、掛け捨ての定期保険より毎月の保険料が高い一因となっている。


主契約

主契約とは、それだけで保険契約として成立する契約の基礎部分(本体)の事です。
それに対して、主契約に付加して契約する部分(おまけ)を特約といいます。


責任開始日

「責任開始期」とも言います。生命保険の保障が開始される日の事で、保障が開始される事を「責任開始される。」と言います。一般的には、「契約書(申込書)」、「告知書」、「第1回保険料」の3つ全てが揃って、かつ、それが保険会社に渡った時に初めて責任開始されます。


ソルベンシー・マージン比率

大地震や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を保険会社が有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つです。

ソルベンシー・マージン比率は以下の計算式で計算できる。

A=(C/B×0.5)×100

A:ソルベンシー・マージン比率(%)
B:通常の予測を超える危険
C:ソルベンシー・マージン総額(有価証券の含み益などを含む広義の自己資本額のこと。)

通常は、この数値が200%を割ると原則として金融庁から何らかの監督上の措置(早期是正措置)がとられる事になっている為、行政上の取扱としては、200%を超えていれば保険会社の財務基盤には問題ないと言われている。ところが、過去に経営破綻した保険会社の多くが、破綻直前のソルベンシー・マージン比率が200%を超えていた事から、200%を少々超えている程度では必ずしも契約者からの信用が得られない状況になっている。 自己資本が相対的に多い保険会社の中には1000%を超える会社もある。また、設立から年数の経っていない保険会社も、自己資本に見合うリスクをまだとっていない為、一般的に数値が高い。




posted by ROLEX.11 at 03:00| 生命保険用語集

スポンサードリンク