◆お知らせ◆

・2010年10月末に記事の大部分を非公開にしましたが、2015年1月より再度公開する事にしました。是非、あなたの生命保険選びや見直しにお役立て下さい。(なお、当サイトの記事は2009年に書いたものですが、今後、随時加筆、修正していきます。)
・当管理者は保険代理店や金融機関に所属する企業系FPではありません。
相談に訪れる顧客から直接報酬をもらった上で、あくまで顧客の立場で仕事をする独立系FPですが、現在、保険相談は承っていません。(なお、保険相談を承るのは2017年の開始を予定しております。)
・また、2015年5月21日にサイト名を「生命保険選び方で劇的に得する方法!!」から「60歳以後も困らない生命保険商品選び方」に変更しました。


2010年01月04日

生命保険商品で補足で選びたい商品!! Bこども共済

Bこども共済
結論から言ってしまうと、「こんな生命保険商品を選ぼう!!(前編) 生命保険商品で絶対選びたい商品!!」の項目で紹介した主に3つの生命保険の商品(「終身医療保険」、「積立利率変動型終身保険」、「収入保障保険」)に既に両親とも加入していて、その上で、万一の子供の怪我や病気に備える為に加入するというのであれば、加入して損のない商品です。

この生命保険の商品は、主に子供の医療保障を確保する為の保険商品です。月々の保険料は約1,000円〜で、各種共済で扱っています。
保障内容を示すと以下の表のようになります。(図をクリックすると拡大表示されます。)

こども共済の保障内容

解説に入る前に補足しておくと、子供が小さいうちは、自治体によっては医療費を補助してくれる場合がありますので、この生命保険の商品に加入するかどうかは、読者のみなさんの判断次第だと私は思います。

さて、子供の病気や怪我を保障する生命保険の商品は、他にも医療保険傷害保険がありますが、私が敢えてこれをお勧めするのはこども共済の保障範囲が広いからです。

例えば、医療保険では病気や怪我による入院は保障されますが、通院までは保障されません。(一部、保障される商品もあります。)
また、傷害保険では交通事故による怪我やその他の怪我も含め、それらを原因とする入院や通院は保障されますが、病気による入院までは保障されません。

その点、こども共済であれば、医療保険では保障されない交通事故やその他の事故も含めた通院まで保障されますし、また、傷害保険では保障されない病気の保障もされます。つまり、こども共済であれば、医療保険の保障の穴と傷害保険の保障の穴を同時に塞ぐ事ができ、保障の範囲を広くする事が出来るという訳です。




・結論
  • 子供の治療費は、自治体よっては負担してくれる場合があり、加入は読者のみなさんの判断次第である。

  • こども共済は医療保険傷害保険と比べると保障の範囲が広い!!(医療保険では保障されない怪我の通院を保障し、傷害保険では保障されない病気の入院も保障される。)

  • こども共済の月々の保険料は(共済では掛け金という。)約1,000円〜なので負担は軽い!!




スポンサードリンク