◆お知らせ◆

・2010年10月末に記事の大部分を非公開にしましたが、2015年1月より再度公開する事にしました。是非、あなたの生命保険選びや見直しにお役立て下さい。(なお、当サイトの記事は2009年に書いたものですが、今後、随時加筆、修正していきます。)
・当管理者は保険代理店や金融機関に所属する企業系FPではありません。
相談に訪れる顧客から直接報酬をもらった上で、あくまで顧客の立場で仕事をする独立系FPですが、現在、保険相談は承っていません。(なお、保険相談を承るのは2017年の開始を予定しております。)
・また、2015年5月21日にサイト名を「生命保険選び方で劇的に得する方法!!」から「60歳以後も困らない生命保険商品選び方」に変更しました。


2010年01月04日

生命保険商品で絶対選びたい商品!! B変額保険(終身型)

B変額保険(終身型)
結論から言ってしまうと、この生命保険の商品は加入者にとって費用対効果が非常に高く、加入してまず損はない!!!!!
但し、この保険は、前記「生命保険商品で絶対選びたい商品!! A積立利率変動型終身保険」で推奨した「積立利率変動型終身保険」と違い、元本割れのリスクがあるのでその点については注意が必要です!!!!!
株式や債券等での投資の知識、経験があって、かつ、読者の方々ご自身で解約返戻金(解約したら戻ってくるお金の事です。)の運用をしたい人向けの商品といえます。



前記で解説しなかった「変額保険(終身型)」の説明に入りますが、これは生命保険でも少し特殊な類の商品の部類に入ります。
なお、死亡保険選び方の具体的な説明については、前記の「生命保険商品で絶対選びたい商品!! A積立利率変動型終身保険」で既に詳細を記載していますので、そちらをご覧ください。

変額保険(終身型)は、生命保険の商品の中でも死亡時整理資金(葬儀等の費用)や老後の生活資金を準備するのには最適の保険商品ですが、積立利率変動型終身保険とは若干異なります。
以下にその違いを記載しておきます。


積立利率変動型終身保険
  • 加入した時の死亡保険金額は一生涯最低保障される。(元本の保障がある。)

  • 解約返戻金の最低保障がある。(元本の保障がある。)

変額保険(終身型)
  • 加入した時の死亡保険金額は一生涯最低保障される。(元本の保障がある。)

  • 解約返戻金は、保険加入者(契約者)が自己責任において株式や債券で運用するので最低保障がない。(元本は保障されない。)



つまり、変額保険(終身型)の場合、加入時の死亡保険金額は積立利率変動型終身保険と同様に最低保障がありますが(元本の保障がある。)、解約返戻金(解約したら戻ってくるお金の事です。)は最低保障がありません。(元本は保障されない。)
通常であれば、元本割れのリスクのある商品はお勧めしにくいですし、この生命保険の商品は、マネー雑誌や経済誌でも「ハイリスク・ハイリターン」の商品として取り上げられることが多い商品です。また、この生命保険の商品を売るには専門の資格が必要で、加入する場合も加入者(契約者)は「リスク」に関する説明を聞いた上で、その説明を受けた事を証明する書類に自署、押印する必要があります。

しかし、私はこの「変額保険(終身型)」については否定的ではありません。むしろ、積立利率変動型終身保険よりもお勧めしたい商品で、死亡時整理資金(葬儀代等)や老後の生活資金を準備する為の商品としては、本当の意味でこれが最良の生命保険の商品だと思っています。その理由ですが、以下に記載しておきます。
※なお、変額保険(終身型)の毎月の保険料は9,500〜10,000円程度です。(35歳男性、死亡保険金額500万円、保険料60歳払済の場合。)


  1. 毎月支払う保険料が積立利率変動型終身保険よりも安く、結論から言うと、これが掛け捨てでない死亡保険の中では最も保険料が安い。(解約返戻金に相当する部分の保険料を、保険会社ではなく、契約者が自己責任において運用を行う為、人件費や保障に掛かるコストが抑えられる為、毎月の保険料が割安となっている。セルフ式の飲食店や、セルフ式のガソリンスタンドの料金が安いのと理屈は同じ。)

  2. 株式や債券で運用されるが、実際の運用は専門家が行う。(ここでいう株式や債券とは、それらを組み合わせてできた投資信託の事で、それの運用を専門家が行うという事です。)

  3. 投資信託(他の資産とは完全に分別して運用される為、保険ではこれを特別勘定といいます。)なので銘柄がかなりの数に分散できる。また、その投資信託(特別勘定)も保険会社によるがいくつか種類があり、加入者(契約者)の自己責任において1つ、又は複数選択する事が出来る。(これが契約者の自己責任において運用するという事です。)

  4. 保険加入時の年齢にもよるが、定年退職するまで相当年数がある事が多く、長期間での運用を見込む事ができる。(例えば、保険加入時の年齢が35歳の場合、定年退職まであと25年もあります。)

  5. 一般的な投資である「まとまった金額を一気に投資するスタイル」と違って、これはあくまでも保険商品ですから、運用にまわる資金は毎月支払う保険料から捻出されます。つまり、毎月同じ金額を長期間に渡って何度も支払うので(これをドル・コスト平均法と言います。)ので、購入する時の投資信託が高い時は(近年でいえば、郵政選挙直後の日本の株式市場や日経平均が17,000〜18,000円台を付けていた頃の事です。)少ない口数を買い付け、又、購入する時の投資信託が安い時は(近年でいえば、リーマンブラザーズ証券破綻直後の相場の事です。)沢山の口数を買い付ける事になるので、結果的に全体として割安な金額で投資信託を購入する事が出来る。


特に注目して頂きたいのが上記の3、4、5で、「銘柄分散」、「長期運用」、「ドル・コスト平均法」を組み入れてあるわけですから、あとは適切に投資対象を絞っていけば(どの投資信託をどの程度の割合で組み合わせるかということです。)変額保険(終身型)は大きなリスクになるとは考えにくいと言えます。(元本割れのリスクが全くないと言っている訳ではありません。)

但し、この「変額保険(終身型)」はやはり、株式や債券での投資の知識や経験が必要だと思われますので、投資の知識や経験のある人向けの商品だと言えます。その上で、毎月支払う保険料をどのような目的で今後運用するか方針が決まっている人はこの商品が良いでしょう。

※「変額保険(終身型)」で毎月の保険料を積立、運用する場合のその具体的な方法については、今後、PDFファイルや冊子にて販売する予定です。


・結論

  • 死亡保険選び方の具体的な説明については、前記の「生命保険商品で絶対選びたい商品!! A積立利率変動型終身保険」とほとんど変わりません。そちらをご覧ください。

  • 変額保険(終身型)」を選ぶ場合、保険加入時の死亡保険金額は最低保障されるが(元本の保障がある)、解約返戻金については株式や債券の運用次第で変わる為、その点に注意する事!! あくまでも運用は自己責任で!!






スポンサードリンク