◆お知らせ◆

・2010年10月末に記事の大部分を非公開にしましたが、2015年1月より再度公開する事にしました。是非、あなたの生命保険選びや見直しにお役立て下さい。(なお、当サイトの記事は2009年に書いたものですが、今後、随時加筆、修正していきます。)
・当管理者は保険代理店や金融機関に所属する企業系FPではありません。
相談に訪れる顧客から直接報酬をもらった上で、あくまで顧客の立場で仕事をする独立系FPですが、現在、保険相談は承っていません。(なお、保険相談を承るのは2017年の開始を予定しております。)
・また、2015年5月21日にサイト名を「生命保険選び方で劇的に得する方法!!」から「60歳以後も困らない生命保険商品選び方」に変更しました。


2010年01月04日

生命保険商品で絶対選びたい商品!!A積立利率変動型終身保険

A積立利率変動型終身保険
結論から言ってしまうと、この生命保険の商品は加入者にとって費用対効果が非常に高く、加入してまず損はない!!!!!
但し、注意しなければいけないのは、私が今から推奨する「積立利率変動型終身保険」と似た名前の生命保険の商品に「利率変動型積立終身保険」という商品があります。(主に国内大手生保(漢字生保)でよく見かけられます。)
この保険商品は、私が今から下記で推奨、説明する「積立利率変動型終身保険」とは全く別の商品です。
詳細は説明すると長くなってしまうので省略させて頂きますが、入らない方が良い生命保険の商品です。今から下記で推奨、説明する意味での「積立利率変動型終身保険」を扱っている保険会社は少ないので読者のみなさん注意しましょう!!



早速本題の説明に入りますが・・・・・、

この生命保険の商品は主に、死亡時整理資金(死亡時の葬儀の費用や墓代等、一時的に必要な資金の事です。)や老後の生活資金を確保する為の商品です。主に外資系生保、損保系生保、異業種から新規参入してきた生保で扱っています。
※万が一、遺された家族が生活する為の生活資金については、「生命保険商品で絶対選びたい商品!! C収入保障保険」で詳しく解説します。


まず、死亡保険の商品選択の前に考慮しなければならない事として、

「人はいつか必ず死ぬ。」

死亡時整理資金(葬儀代等の一時的にかかる費用の事です。)は絶対必要!!

な訳ですから、保障が一生涯続くもの(終身保険)で準備するのが望ましいといえます。(掛け捨ての定期保険は保障期間が一生涯ではない為、掛け捨ての定期保険を絶対選ばない事!!)また、保障が一生涯続く死亡保険(終身保険)は60歳や65歳等で毎月の保険料を払い終える事が出来ます。

このタイプの生命保険の商品には解約返戻金(解約した時に戻ってくるお金の事です。)がありますが、ここで1つ重要なポイントがあります。それは、この解約返戻金に相当する部分の利率(金利)が加入時に固定されたままそれが一生続くか、あるいは、加入したその後も市場金利に応じて変動するかです。読者の方々ももう既にご存じだとは思いますが、今の日本の金利は非常に低い状態です。(ほとんどゼロに近いといえる。)
つまり、保険加入時の利率が一生続く生命保険の商品を選ぶという事は、今の低金利を死ぬまで一生続けるという事です。これは全く合理的ではありません。ですから、生命保険の商品に加入したその後も市場金利に応じて利率が変動する生命保険の商品を選びましょう。

※上記の解説の、利率(金利)が生命保険加入時に固定されたままそれが一生続く生命保険の商品を「定額保険」と言います。(これはダメ保険なので加入してはいけません!! 金融の専門家やファイナンシャルプランナーが勧めたら笑われる商品と言えます。)


上記の死亡保障の基本的な考え方に基づいて考慮した場合、最も適した生命保険の商品が「積立利率変動型終身保険」です。
この生命保険死亡保険金額は加入時から最低保障されて、保険期間は終身(保障は一生涯)です。 次に、毎月の保険料も60歳や65歳で払い終える事が出来、利率は将来金利が上昇した時に、この保険の利率も上昇します。(利率は保険会社にもよるが、1.5〜2.0%は最低保障されているので、元本割れの心配はまずない。但し、保険会社が破綻した場合はこの限りでない。)

積立利率変動型終身保険の毎月の保険料は約11,000〜12,000円です。(35歳男性、死亡保険金額500万円、保険料60歳払済、積立利率2.0%最低保障の場合。)
死亡保険金額と解約返戻金、払込保険料総額の推移は下記の図1参照。(図1をクリックすると拡大表示されます。)

積立利率変動型終身保険


・結論

  • 保障期間が一生涯続く終身保険を絶対選ぶ事!!(葬儀代等、死亡時整理資金はいつか必ず必要になる日が来ます!! なので、保障が途中で切れる掛け捨ての定期保険は絶対選ばない事!!)

  • 終身保険なので毎月の保険料は60歳や65歳等で払い終える事が出来る。

  • 終身保険は、解約した時にお金が戻ってくる商品ですが、毎月保険料として支払う事で溜っていくお金が、将来の市場金利の変動に応じて、この終身保険の利率も変動する「積立利率変動型終身保険」を必ず選ぶ事!!(保険加入時の利率のまま一生涯その利率が続く商品「定額保険」をうっかり選んでしまうと、低金利を一生続ける事になるので、非常に効率の悪い資産運用を行う事に繋がってしまう!!)




スポンサードリンク