◆お知らせ◆

・2010年10月末に記事の大部分を非公開にしましたが、2015年1月より再度公開する事にしました。是非、あなたの生命保険選びや見直しにお役立て下さい。(なお、当サイトの記事は2009年に書いたものですが、今後、随時加筆、修正していきます。)
・当管理者は保険代理店や金融機関に所属する企業系FPではありません。
相談に訪れる顧客から直接報酬をもらった上で、あくまで顧客の立場で仕事をする独立系FPですが、現在、保険相談は承っていません。(なお、保険相談を承るのは2017年の開始を予定しております。)
・また、2015年5月21日にサイト名を「生命保険選び方で劇的に得する方法!!」から「60歳以後も困らない生命保険商品選び方」に変更しました。


2010年01月04日

生命保険商品で絶対選びたい商品!! @終身医療保険

@終身医療保険
結論から言ってしまうと、この生命保険商品は加入者にとって費用対効果が非常に高く、加入してまず損はない!!!!!

この保険商品は主に、病気や怪我で入院や手術をした時の家計の負担を軽減する為の商品です。主に外資系生保、損保系生保、異業種から新規参入してきた生保で扱っています。
病気や怪我による入院や手術を保障する生命保険商品は他にも沢山ありますが(例えば、共済やかんぽ生命の特約等)、なぜこの保険商品選ぶべきかと言うと、それは、保障が一生涯続き、毎月の保険料が一生上がらないからです。また、保険会社にもよりますが、60歳や65歳等で毎月の保険料を払済にして老後は払込不要とする事も出来ます。それでも医療の保障が消えたり、下がる事はありません。
その上、この生命保険商品はどんな病気や怪我でも給付金の支払対象になります。(但し例外として、保険金搾取目的でわざと行った交通事故や酒気帯び運転等、本人の故意又は重大な過失があった場合等、給付金支払いの対象とならないものもあります。)

保険会社にもよりますが、毎月の保険料は2,000円前後です。(35歳男性、入院日額5,000円、1回の入院につき60日保障、保険料終身払の場合。)



人は誰でも加齢とともに病気や怪我による入院のリスクは高くなりますから、毎月の保険料が途中で上がったり保障が途中で切れたりしない方が安心ではないでしょうか?
逆に言ってしまうと、毎月の保険料が加齢とともに途中で上がったり、(これを「更新」又は「更新型」と言います。)保障が60歳や65歳等の途中で切れるような生命保険商品を絶対選ぶべきではありません。


また、当たり前の事ですが、この保険商品は死亡保障とは別に、医療の保障を単品の商品(つまり、「主契約」)として加入しますから、他の生命保険商品を解約しても、この商品の保障が切れる事はありません。ですから、終身医療保険死亡保険死亡保険は掛け捨てでないものを選ぶ。)の商品を別々に加入した上で、保険料を払い終える60歳や65歳になった時、医療の保障はその後も残したまま死亡保険は解約又は年金に移行する事で、それまで死亡保険に支払った保険料を(掛け捨ての生命保険商品でなければ、お金が溜っています。解約した時に戻ってくるお金なので、これを「解約返戻金」と言います。)老後の生活資金に活用する事が出来ます。

逆に、よくある主契約(その保険の根幹の部分で、おまけにあたる部分を「特約」と言います。)
の死亡保障の上に特約として医療の保障を上乗せする生命保険商品の場合、将来60歳や65歳になって死亡保険の解約返戻金を取り崩して生活資金にしようとすると、医療保障まで消えてしまう事になります。

医療保障は老後もずっと必要だと考えられますから、死亡保障と医療保障は別々の商品として加入するのが賢明でしょう。
次に、終身医療保険に加入する場合、掛け捨ての商品にするか、それとも、そうでない商品(解約すればお金が戻ってくるものや健康ボーナスが貰えるものです。)のどちらが適切かですが、先程私は、「医療保障は老後もずっと必要だと考えられますから・・・。」と言いました。つまり、・・・


死ぬまでずっと医療の保障は必要!!

解約できない!!

解約返戻金(解約したら戻ってくるお金の事です。)は使えない!!



という事なので、使えない解約返戻金の分だけ余分に保険料を払う分無駄といえます!!!!!


また、健康ボーナスがあるものもありますが、例えば、入院日額10,000円、5年間入院しなければ100,000円貰える生命保険商品に加入したとして、貰う直前に5日間入院してしまったとしましょう。当然、この保険商品では入院給付金の請求を保険会社にすれば、50,000円(10,000円×5日間)貰う事が出来ます。
しかし、その請求をしなければ、健康ボーナスとして100,000円保険会社から貰う事が出来ます。

保険会社は契約者がどちらを選んでも損をしません。それは、保険会社が病気や怪我で入院した場合の保障に掛かるコストと健康ボーナスに掛かるコストの両方を契約者から毎月の保険料として徴収しているからです。ですが、契約者は入院給付金を請求するか、健康ボーナスを貰うかどちらかしか選べません。
ですから、終身医療保険でお金を貯める事は辞めた方が良いでしょう。

健康ボーナス付の終身医療保険に加入して、掛け捨ての終身医療保険以上に毎月多くの保険料を支払うくらいなら、その分の保険料は、積立利率変動型終身保険変額保険・終身型(この2つの保険は両方とも、お金を貯める事が出来る死亡保険で、つまり、解約返戻金があって、保障は一生涯ですが、詳細は次項の記事以降で「生命保険商品で絶対選びたい商品!! A積立利率変動型終身保険」や「生命保険商品で絶対選びたい商品!! B変額保険(終身型)」で詳しく解説します。)の毎月の保険料に充てて運用にまわす、定期預金や普通預金に貯蓄する等、別の方法を考えた方が良いでしょう。


最後に、1回の入院につき何日の入院まで保障される保険商品が良いかについても説明しておきます。
結論から言ってしまうと、ほとんどの場合60日あれば十分ではないかと思います。(100%大丈夫と言っている訳ではありません。)それは、ほとんどの病気や怪我による入院は40日以内に納まっているからです。(例えば、ガンの場合で統計上、平均37日か38日程度で退院出来ています。)
また、医療技術の進歩により、入院日数は年々減る傾向にあります。入院が長引く病気として脳血管疾患がありますが、(入院日数100〜110日程度)その場合、長期入院や生活習慣病の特約を付けて日数を120日〜180日程度にすれば大丈夫です。
またその場合、新たに毎月掛かってくる保険料は300円〜400円程度です。それ程悩む金額ではないと思います。
(35歳男性、入院日額5,000円、1回の入院につき61日目から120日目又は180日目までを保障、保険料終身払の場合。)



・結論

  • 保障期間(保険期間)は終身(一生涯保障が続くもの)を絶対選ぶ事!!

  • 毎月の保険料は終身払い、又は60歳又は65歳払済を選ぶ事!!(毎月の保険料が加齢とともに途中で上がる「更新型」は絶対避ける事!!)

  • 他の生命保険商品死亡保険等)の特約(おまけ)として加入せず、必ず死亡保障とは別の、単品の商品として絶対加入する事!!(老後に死亡保険を解約して解約返戻金を利用しようとしても、医療保障が死亡保険の特約として付加されていると、医療保障が消えて60歳や65歳以降困る事に・・・!!)

  • 医療保障をする保険商品(ここでは終身医療保険の事です。)にお金を絶対に貯めない事!!(解約返戻金や健康ボーナスは不要!!)

  • 1回の入院につき60日まで入院の保障がされればまずは大丈夫だが、脳血管疾患等、生活習慣病による長期入院が心配なら、120日〜180日程度まで延ばしてもよい。



スポンサードリンク